人を見下げる者            牧師 澤崎弘美

ルカによる福音書18章9~14節
「・・義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。
だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」    (18章14節)

ファリサイ派の人は当時の社会の宗教指導者であり最も尊敬されたグループ。しかし主イエスは彼らのうぬぼれ、傲慢を烈しく叱責された。この箇所でファリサイ派の人は祈りの中で、隣の徴税人に比べて自分が立派であるとうぬぼれ、人を見くだしている。祈りは神に向けられるもの。祈りの形をとっているけれども、彼の祈りは神に向けられておらずに、徹頭徹尾自画自賛の独り言。キリストの教会ではなく、自分と他人を比較する場となってしまっている。彼の心は神に向かっていない。自分の立派さを自分に語りかけている。自己満足に酔っている。彼の生活態度は確かに道徳的である。また断食や献金という信仰の実践において立派である。しかしそれらは神への香ばしい献げ物になっていない。自己アッピールは胡散臭い。周りの人に悪臭を漂わすことに成り下がる。彼の祈りには神に導きを求める、神に聴き従うという要素は全く消えうせている。こう
いう雰囲気が漂っていれば、教会に人々は集まらない。

 

 もう一方の徴税人はどうか。彼は徴税人という仕事の関係で、当時の社会においては人々から最も見下される存在であった。彼は13節には胸を打ちながら、「罪人のわたしを憐れんでください」と祈っている。彼はファリサイ派の人のように聖書も詳しくないであろう。しかし神の前に誠実であった。主イエスは彼の祈りを貴いと弟子たちに語られた。

 

 今日の箇所は対照的な二人の人物が登場する。二人とも極端であるので、私どもはファリサイ派の人でもないだろうし、徴税人でもない。この二人の間を揺れ動いているというのが実像に近い。それは信仰の世界でも神に目を向けるのではなく、人との比較や評価を求めるところから来る。信仰は人と比較して一喜一憂したり、人からの評価を神様
以上に気にすることではない。


 しかしファリサイ派の人でも神を崇めている。うぬぼれ屋であり、人を見くだす態度をとっているにせよ、彼は神に近づいている。反対に現代人は全く神をないがしろにし、無視する態度をとっている。神をも畏れないところに人間の最大の傲慢そしてうぬぼれがある。わたしどもはそのような時代状況に生きている。ある時には成績が上がり人にほめられ有頂天になり、また、ある時には失敗し、怒られて劣等感の塊のようになる。それでも教会に出かけ、礼拝をささげるものでありたい。あの徴税人が周りの人からは卑しい仕事をしている人と、さげすまされても神の前に出かけて真心を込めて祈りをささげていった姿を模範としていきたい。そのことによって神からの赦しと力を与えられ、励まされて生きるものでありたい。

 

                                             2018年4月  月報掲載